岐阜県本巣市にて脳神経外科・内科・外科・リハビリテーション科を診療する「えさきクリニック」についてご案内します。
えさきクリニック 
Information

発熱、せき、のどの痛み、かぜ症状、下痢、嘔吐、腹痛、体調不良などのある患者様へのお願い(以前から掲示していますが再々度のお願い。蔓延防止がなくなると、せきなどの症状があってもコロナ感染症を考えず普通に外来にいらっしゃる患者さんが増えます。このような感染症状を疑う患者様は他の患者様とは別の時間での、診療の終わりに診察をするのが基本ですのでご協力のほどお願い申し上げます。来院される前にまずはお電話くださいますようお願い申し上げます。)

2022年5月29日

①上記の感染症状のある方は必ず事前に電話(058-320-2800)をしてから来院して下さい。お電話で問い合わせがあった場合は、午前診や午後診の終わりころに来ていただくようご案内しています。またお電話される前に下記の事項をご確認ください。

新型コロナウイルスの抗原或いはPCR検査をする場合は、原則車或いは屋外で鼻腔から咽頭の検体を採取しますので、できれば車で来院してください。その後車あるいは第2診察室で診察をしていきます。

感染予防対策のガウンやフェイスシールドや手袋をつけての診察になります。よって一般の方の診察が全て終了してから行います

他の患者様がいる状況で早く来院された場合は、車や第2診察室で待機していただきます。診察は他の患者様が終了してから行ないますので、順番通りではなくお待ちいただきます。診察の始めの時間帯にいらしても、ほぼお待ちいただくことになります他の患者様が多くいらっしゃる状況では、診察まで1〜2時間程度お待ちになることもあります。また一旦自宅にて待機していただき再来院をお願いする場合もあります。

病状が悪い方は上記の限りではありませんが、第2診察室を用意するなどの準備が必要ですので事前にお電話ください。

③家族や職場、学校で陽性者がでたので、症状がないが検査をして欲しいとの問い合わせがあります。まずはそのような場合は保健所からの連絡を待つ(通常陽性者が出てから数日かかります)か、職場や学校に問合せをして、御自身が濃厚接触者に当たるのか、また今後どうすべきかを確認しそちらからの指示に従ってください。また陰性証明をしたいとの問い合わせもあります。これら無症状者に対する検査は保険適応外となります。

④インフルエンザや溶連菌などの鼻腔から咽頭の検査についても原則車あるいは屋外で行います。

⑤小児の方ついては、小児科専門医による診察が望ましいとR2年5月に厚生労働省が指針を出しています。小児科専門医のクリニック が少ない地域事情もあるかと思いますが、少なくとも乳幼児の方は小児科専門医のクリニック 或いは小児科を診療科として掲げている医療機関に御相談されるのが良いと思います。

⑥感染症状があり、新型コロナウイルス感染症であることが疑われる患者様に対して、必要な感染予防対策を行い外来診療を実施した場合、院内トリアージ実施料(300点)に加えて、二類感染症患者入院診療加算(250点)を算定させていただきます(3月22日より)。

咳はあるが発熱していない方、下痢などのおなかの症状の方がコロナ感染の可能性を考えていらっしゃらない方がいらっしゃいます。発熱がない咳症状でも下痢症状でもコロナ陽性者が実際いますのでコロナ感染症対策をしての診察になります。

 

 

お知らせ一覧